WordPressの脆弱性|SQLインジェクションとは?対処法も解説

記事管理者からのお願い:

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。また、使用されている画像の一部はDreamStudioが生成しています。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。コメント欄から送信してください。

 

WordPressを使用するときに気を付けるべき脆弱性とは?

 

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

 

ードプレスは、多くのWebサイトで使用されるオープンソースのブログプラットフォームです。ワードプレスには、次のようなセキュリティの脆弱性があります。

 

  1. SQLインジェクション:
    あなたのサイトにアクセスできる人が、データベースに対して不正なSQLクエリを実行することができる脆弱性。
  2. XSS (クロスサイトスクリプティング):
    あなたのサイト上に悪意のあるスクリプトを埋め込むことができる脆弱性。
  3. ブルートフォースアタック:
    攻撃者がサイトのパスワードを当てるために、大量のパスワードを試すことができる脆弱性。
  4. プラグインの脆弱性:
    ワードプレスは、多くのプラグインが利用可能であり、それらのプラグインには脆弱性がある可能性があります。

 

ワードプレスは常にセキュリティアップデートをリリースしているため、定期的にアップデートを行うことで、ワードプレスのセキュリティを維持することができます。

 

SQLインジェクションとは?ハッカーはどのように攻撃を行う?

 

DreamStudioが生成した『hacker』の画像

DreamStudioが生成した『hacker』の画像

 

SQLインジェクション(Structured Query Language Injection)は、Webアプリケーションに悪意のあるSQLクエリを挿入することによって、データベースから機密データを取得したり、改ざんしたりする攻撃手法です。

SQLインジェクションが発生する原因は、Webアプリケーションがユーザー入力をそのままSQLクエリに埋め込んで実行しているためです。攻撃者は、入力フォームなどから悪意のあるSQLクエリを送信することで、データベースに対して不正な操作を行うことができます。

 

攻撃者が、入力フォームなどから送信する悪意のあるSQLクエリの例

攻撃者が、入力フォームなどから送信する悪意のあるSQLクエリの例

 

SQLインジェクションを防ぐためには、Webアプリケーション側で入力値を適切に処理し、不正なSQLクエリを実行させないようにすることが重要です。また、プレースホルダを使用して、クエリを実行する際に値を埋め込むことでも、SQLインジェクションを防ぐことができます。

 

WordPressを使用する際、SQLインジェクションを防ぐ方法

 

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

 

プリペアドステートメントを使用する

 

プリペアドステートメント (Prepared Statements) は、SQLインジェクションを防ぐための方法の1つです。これは、SQL文を組み立てる際に、値を変数として扱うことで、SQL文を実行する前に値を埋め込む方法です。

 

  1. SQL文と値を分離し、値を変数として扱います。
  2. SQL文をデータベースに渡す前に、変数に値を埋め込みます。
  3. データベースは、埋め込まれた値を使用して、SQL文を実行します。

 

これにより、値が直接SQL文に埋め込まれず、SQL文と値が分離されているため、SQLインジェクションを防ぐことができます。

ワードプレスでプリペアドステートメントを使用するには、WordPress提供の $wpdbクラスを使用します。このクラスは、ワードプレス内でデータベースにアクセスするために使用されます。

 

例:

$wpdbクラスを使用したプリペアードステートメントの例

$wpdbクラスを使用したプリペアードステートメントの例

 

このように、$wpdb->prepare() メソッドを使用し、変数を %s としてSQL文に埋め込んでいます。これにより、SQL文を実行する前に、値が埋め込まれるため、SQLインジェクションを防ぐことができます。

 

エスケープ処理を使用する

 

エスケープ処理は、SQLインジェクションを防ぐための方法の1つです。これは、特殊文字をエスケープし、それらがSQL文として正しく解釈されないようにすることです。

例えば、クォート文字 (‘) やスラッシュ () などがSQL文に含まれる場合、SQLインジェクションを引き起こす可能性があります。それらをエスケープすることで、SQL文として正しく解釈されず、SQLインジェクションを防ぐことができます。

ワードプレスでは、 $wpdbクラスが提供する $wpdb->prepare() メソッドを使用して、値をプレースホルダに埋め込む際に、自動的にエスケープ処理が行われます。

自分でSQL文を組み立てる場合には、 $wpdb->_real_escape() メソッドを使用して、値をエスケープすることができます。

 

$wpdb->_real_escape() メソッドを使用したエスケープ処理の例

$wpdb->_real_escape() メソッドを使用したエスケープ処理の例

 

このように、$wpdb->_real_escape() メソッドを使用し、変数をエスケープしています。これにより、SQL文を実行する前に、値がエスケープされるため、SQLインジェクションを防ぐことができます。

ただし、ワードプレスは、$wpdb->_real_escape() メソッドは非推奨になっており、$wpdb->prepare() メソッドを使用することを推奨しています。

 

入力値の検証をする

 

入力値の検証は、SQLインジェクションを防ぐための方法の1つです。これは、入力値が正しい形式であるかどうかを確認することで、不正な入力値を受け付けないようにすることです。

例えば、入力フォームからの値が数字であるべき場合、文字列や負の数などが入力された場合、それらを受け付けずにエラーを出力するようにすることができます。

ワードプレスでは、WordPress提供の関数を使用して、入力値を検証することができます。

例えば、emailの入力値を検証する場合は、is_email() 関数を使用することができます。

 

is_email() 関数を使用してemailの入力値を検証する例

is_email() 関数を使用してemailの入力値を検証する例

 

これにより、入力値が正しい形式であるかどうかを確認することができ、不正な入力値を受け付けないようにすることができます。 ワードプレスには、他にも、入力値を検証するための関数が用意されているので、それらを使用することで入力値の検証を行うことができます。

 

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。

関連記事

  1. 二要素認証アプリ SMSはもう限界!今すぐ組織に導入できる『二要素認証アプリ』トッ…
  2. YubiKey 5C NFC YubiKey 5C NFCの使い方実演|鉄壁セキュリティキーY…
  3. 仮想通貨のコールドウォレットとは?メリットと注意点のまとめ
  4. 仮想通貨投資家とハードウェアウォレット これからの仮想通貨投資家に「ハードウェアウォレット」が必要な理由…
  5. ランサムウェアとは?暗号化技術を利用したサイバー攻撃を解説
  6. ChatGPT、脅威も生成?|日経電子版の記事を参照
  7. 二要素認証サービス・製品の比較 組織のセキュリティを万全にする二要素認証サービス・製品をタイプ別…
  8. WordPressのデバッグログとは?何を出力できる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 二要素認証とFIDOの画像
  2. 多言語ウェブサイトの画像
  3. Yubikey Bioの画像
  4. 二要素認証アプリ
  5. ハードウェアウォレットの比較の画像

最新記事

  1. DreamStudioが生成した『Cyber security』の画像
PAGE TOP