ランサムウェアとは?暗号化技術を利用したサイバー攻撃を解説

記事管理者からのお願い:

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。また、使用されている画像の一部はDreamStudioが生成しています。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。コメント欄から送信してください。

 

ランサムウェアとは?ハッカーはどのようにファイルを暗号化する?

 

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

 

ンサムウェアは、コンピューターのファイルを暗号化し、解除するために身代金を要求するマルウェアのことです。感染したコンピューターから身代金を要求するために、攻撃者は通常、暗号化されたファイルを復元するための秘密鍵を提供するという条件を設定します。これは、感染したコンピューターのユーザーにとって、ファイルを復元する唯一の方法であることが多いため、多くの場合、身代金を払ってファイルを復元することになります。
携帯電話やタブレットなどの端末が悪意のあるソフトウェアに感染し、情報を流出させる可能性があります。

 

ハッカーが情報を暗号化する方法とは?

 

ランサムウェアによる攻撃は、様々な方法で実行されますが、一般的には以下のような手順で対象ファイルを暗号化します。

 

  1. ハッカーは、ランサムウェアのコードを使用して、ターゲットのコンピューターに感染させます。感染方法は、メールに添付された悪意のあるファイルや、脆弱性を利用した攻撃などがあります。
  2. ランサムウェアは、感染したコンピューター上のファイルをスキャンし、特定の種類のファイルを暗号化します。これには、ドキュメント、写真、音楽など、重要なデータが含まれます。
  3. 暗号化は、高度な暗号アルゴリズムを使用して行われ、通常は、公開鍵暗号と呼ばれる技術を使用します。これにより、暗号化されたファイルを復号するためには、秘密鍵が必要になります。
  4. 暗号化されたファイルには、拡張子が変更され、攻撃者が身代金を要求する方法を示すメッセージが表示されます。
  5. 身代金を支払うことで、攻撃者は復号用の秘密鍵を提供することで、暗号化されたファイルを復元することができる。

 

ランサムウェア攻撃で使用される暗号化技術とは?

 

ランサムウェアによる攻撃で使用される暗号化は、主に次のような技術が使用されます。

 

  1. 公開鍵暗号:
    公開鍵暗号は、暗号化に使用する鍵と復号に使用する鍵が異なる暗号方式です。ランサムウェアは、攻撃者が持っている公開鍵を使用して、対象のファイルを暗号化し、復号には秘密鍵が必要になります。
  2. AES 暗号:
    AES(Advanced Encryption Standard)は、世界標準の暗号化アルゴリズムで、高い暗号強度を持ち、幅広い用途で使用されています。ランサムウェアは、AES暗号を使用して、対象のファイルを暗号化します。
  3. RSA暗号:
    RSA暗号は、一般的に公開鍵暗号として使用され、鍵のサイズが大きいほど強い暗号強度を持ちます。ランサムウェアは、RSA暗号を使用して、対象のファイルを暗号化します。

 

ランサムウェアによる攻撃は、暗号化技術が進化するにつれても変わらず、新しい暗号化技術を使用して攻撃を続けるため、常に最新のセキュリティ対策を実施することが重要です。

 

ランサムウェア攻撃を受けやすい脆弱性には何がある?

 

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

 

ランサムウェアによる攻撃を受けやすい脆弱性には、次のようなものがあります。

 

  1. ソフトウェアの脆弱性:
    ランサムウェアは、攻撃者が利用できる脆弱性を持つソフトウェアをターゲットにします。これには、OS、アプリケーション、ブラウザなどが含まれます。
  2. ネットワークの脆弱性:
    ランサムウェアは、インターネットに接続されているシステムに感染するため、ネットワークの脆弱性を利用することができます。これには、脆弱なパスワードや、不適切なアクセス制御などが含まれます。
  3. 人間の脆弱性 :
    ランサムウェアは、人間によって引き起こされる脆弱性を利用するため、社内の人間による誤った操作や、社内の人間による誤った情報漏洩などが攻撃の要因になることがあります。
  4. バックアップの脆弱性 :
    ランサムウェアは、バックアップシステムに対しても攻撃をするため、バックアップシステムに対するセキュリティ対策が不十分な場合、ランサムウェアによる攻撃を受けやすくなります。

 

これらの脆弱性を管理し、適切なセキュリティ対策を実施することで、ランサムウェアによる攻撃を防ぐことができます。

 

有名なランサムウェア『WannaCry』とは?

 

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

DreamStudioが生成した『ransomware』の画像

 

有名なランサムウェア7選

 

有名なランサムウェアには、次のようなものがあります。

 

  1. WannaCry :
    2017年に発生し、世界中の多くの企業や組織が被害を受けたランサムウェアです。
  2. Petya/NotPetya :
    2017年に発生し、主にヨーロッパや東南アジアに多くの被害をもたらしました。
  3. Locky:
    2016年に発生し、世界中で広く感染が広がりました。
  4. CryptoLocker:
    2013年に発生し、当時最も有名なランサムウェアの一つで、多くの企業や個人が被害を受けました。
  5. Cerber:
    2016年に発生し、多くの企業や組織が被害を受けました。
  6. Ryuk:
    2019年に発生し、多くの大企業や政府機関が被害を受けました。
  7. Sodinokibi (REvil):
    2019年に発生し、多くの大企業や政府機関が被害を受けました。

 

これらは過去に発生した有名なランサムウェアの一部であり、現在も新しいランサムウェアが発生し続けているため、常に最新のセキュリティ対策を実施することが重要です。

 

日本の大手企業も被害にあった『WannaCry』とは?

 

WannaCryは、2017年5月に発生し、世界中の多くの企業や組織が被害を受けたランサムウェアです。

 

WannaCryは、Windowsオペレーティングシステムに対して脆弱性を利用して感染することができるため、多くの企業や組織が被害を受けました。感染経路としては、スパムメールに添付された悪意のあるファイルや、インターネットに接続されているコンピューターに感染するための脆弱なサイトなどが挙げられます。

 

WannaCryは、感染したコンピューター上のファイルを暗号化し、解除するために身代金を要求します。身代金を支払うことで、攻撃者は復号用の秘密鍵を提供することで、暗号化されたファイルを復元することができます。

 

WannaCryは、特に医療や教育などの公共サービス、金融などの大手企業が多く被害を受けました。また、このランサムウェアは、攻撃者が実行した自動化攻撃の一部が、攻撃者によって開発された「EternalBlue」と呼ばれるNSAのエクスプロイトツールを利用して実行されたことで、広がりを見せました。

 

WannaCryに対しては、Microsoftは脆弱性を修正するためのパッチを公開しており、このパッチを当てることで、感染を防ぐことができます。また、ランサムウェアに対する予防策として、バックアップの保存、ソフトウェアのアップデート、ファイアウォールの設定、セキュリティソフトの導入などが挙げられます。

 

ランサムウェアによる情報漏洩を防ぐために、企業がするべきこと6選

 

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

DreamStudioが生成した『Security of information technology』の画像

 

企業がランサムウェアによる情報漏洩を防ぐためには、次のような対策を講じることが有効です。

 

  1. ソフトウェアのアップデート:
    システムやアプリケーションのセキュリティアップデートを定期的に行うことで、ランサムウェアの感染源となる脆弱性を修正することができます。
  2. ファイアウォール:
    ファイアウォールを設置し、不正な通信やランサムウェアのダウンロードなどをブロックすることで、ランサムウェアからの保護を行うことができます。
  3. スパムメール対策:
    スパムメールによるランサムウェア感染を防ぐために、スパムメールフィルタリングなどの対策を行うことができます。
  4. バックアップ:
    重要なデータを定期的にバックアップを取り、ランサムウェアによる暗号化によるデータの損失を最小限に抑えることができます。
  5. インシデント対応:
    ランサムウェア感染が発生した場合に、迅速かつ適切な対応を行うことができるように事前にインシデント対応プロセスを策定しておくことが有効です。
  6. ランサムウェア対策ソフト:
    ランサムウェアの感染を防ぐために、ランサムウェア対策ソフトを導入することも有効です。

 

これらの対策を講じることで、ランサムウェアからの被害を最小限に抑えることができます。

 

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。

関連記事

  1. ハードウェアウォレットの比較の画像 世界で注目を集める仮想通貨ハードウェアウォレットを比較してご紹介…
  2. WordPressのデバッグログとは?何を出力できる?
  3. テレワークで起こるセキュリティ事故への対策 テレワークでセキュリティ事故が多発!事例から分かる正しい対策とは…
  4. YubiKeyとFIDOの画像 世界各国のFIDO認証対応の製品を比較してご紹介
  5. .htaccessの設定方法を解説|アクセス制限でWordPre…
  6. YubiKey 5C NFCの画像 組織のための【YubiKey 5】購入ガイド|YubiKey導入…
  7. SNSアカウントのセキュリティの重要性を表す画像 二要素認証の手引き|リモート時代の機密を守るYubiKeyの二要…
  8. WordPressの脆弱性|SQLインジェクションとは?対処法も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. 二要素認証サービス・製品の比較
  2. 仮想通貨のウォレットの画像
  3. SNSアカウントのセキュリティの重要性を表す画像
  4. ストレッチマジシャン和嶋俊光の画像
  5. 仮想通貨とHSMの画像
  6. ハードウェアウォレットの比較の画像
  7. 二要素認証アプリ
  8. 二要素認証と二段階認証

最新記事

  1. DreamStudioが生成した『Cyber security』の画像
PAGE TOP