ベトナム進出のメリットや手続きを解説|世界随一の経済成長を続ける国の魅力

 

年、海外進出を検討する日本企業から注目度を高めているのが「ベトナム」です。

ベトナムは市場規模の拡大や人件費の低減など、海外進出先として様々なメリットがあります。しかし、海外進出を現実化するうえでは、進出するデメリットや具体的な手続きについても予め知った上で入念に計画・調査することが欠かせません。

 

そこで本記事では、ベトナム進出のメリット・デメリットや進出時の手続きベトナム進出には必須と言える多言語Webサイト作成のポイントについて紹介。海外進出先を選定するうえで必要な情報を解説します。

 

海外進出先のトレンド・ベトナム市場の概況

 

 

東南アジアに位置するベトナムは、ASEAN(東南アジア諸国連合)の加盟国です。

 

ASEANの人口はEU(欧州連合)やNAFTA(北米自由貿易協定)よりも多く、約6億7,333万人にも上ります。その中でもベトナムの人口は、ASEANで3番目に多い約1億人であり、人口が多く平均年齢が若いため今後も大いに成長が期待できる国だといえるでしょう。具体的には、ベトナムの人口は年間で約100万人ずつ増加しており、平均年齢も約30歳と若いです。2020年時点で平均年齢が48.6歳の日本と比べると、約20歳分もの差があります。

 

労働者人口の多さとベトナム人の真面目な気質が相まって、安い人件費で質の高い労働力が確保できることから、近年になって日本を含む周辺の経済国から海外進出先として高い注目を集めているのです。

 

日本企業がベトナムに進出する4つのメリット

 

 

ここでは、日本企業がベトナム進出するメリットを3つ紹介します。

 

1.市場規模の拡大

 

前述のとおり、ベトナムは人口が約1億人を抱える東南アジアの国であり、近年では中間所得層の拡大とIT化が顕著で、国内市場が急成長しています。世界の他の国と比較しても、ベトナム国内でDX(Digital Transformation)へ力を入れる企業は増加している状況です。

ベトナムは2013〜2022年の直近10年間の年平均GDP成長率が6.65%でASEANの10ヵ国の中で1位であり、世界的に見てもトップクラスの成長率を継続して記録しています。。特に2022年のGDP成長率は「8.02%」と、大きな伸びを見せました。

 

一方で日本経済は成長鈍化が続いており、内閣府が発表した2022年の実質経済成長率は「1.1%」と、世界的に大きく後れを取る結果に。急激な労働者人口の減少なども相まって、国内経済の先行きを疑う声も少なくありません。

だからこそ、成長が著しく地理的にも近いベトナムのマーケットは、長期的な成長を目指す企業にとって非常に魅力的なのです。

 

2.人件費の低さ

 

また、ベトナムは人件費が安く抑えられるため、事業運営におけるコスト削減という意味でもメリットが大きいでしょう。

 

参考までに、ベトナムの2022年における平均月収は「660万ドン」です。1ドン=0.0056円(2023年3月26日現在の価格)で計算すると、約36,960円。日本に比べると、はるかに人件費が安く済むことが分かるでしょう。

人件費がコストの多くを占める事業、例えば配達などのサービス業や、一部の製造業などは、ベトナム進出による恩恵をより大きく受けられるのです。

また、この傾向は専門スキルを持った労働者に関しても同様で、例えばベトナムの機械学習エンジニアの平均給与は月額約3,000米ドル(約40万円)であり、日本国内の給与水準(約52万円)と比べると割安です。

 

労働者の質に不安を持つかもしれませんが、ベトナム人は真面目で粘り強く、日本人に近い気質で、優秀な技術者などを多く輩出しています。こうした人的資源に関する利点も、ベトナムが進出先として人気な理由の一つです。

 

3.自由貿易協定の活用

 

さらに、国家間の協定や、ベトナム政府の施策という面でもメリットがあります。

 

日本とベトナムは2009年10月に経済連携協定(EPA)を発効しました。

EPAは、投資や取引のルールを作り、両国間における経済関係の強化を図るための協定です。EPAの締結により、日本とベトナム間では関税の撤廃や削減、サービス貿易の自由化が進んでいます

 

これにより、日本企業は諸外国よりも有利にベトナム市場へ参入できます。

なお、ベトナム政府は海外からの投資や事業進出に積極的で、海外企業の受け入れ体制が整っている点も魅力と言えるでしょう。

 

ベトナム進出のデメリット

 

 

続いては、日本企業がベトナム進出する際のデメリットを3つ紹介します。

 

1.言語・文化の違い

 

当然ながらベトナムは、日本とは異なる言語・文化を持っています。

公用語はベトナム語で、英語はあまり普及していません。そのため、現地でコミュニケーションを取るにあたっては、駐在員がベトナム語を習得する必要性が高いです。また、会社のウェブサイトや採用サイト、社内掲示などもベトナム語に対応する必要があると言えるでしょう。

 

また、前述のとおり国民の気質は日本に近いものの、文化面では大きな違いがあります。例えばベトナムは、仕事よりも家族を優先にする傾向があり、管理職クラスの人でも家庭の都合で急に仕事を休むことも珍しくありません。

またベトナム人の朝は早く、ビジネスアワーは「8時~17時」が基本。このように朝早くから動くため、昼休憩時に昼寝をするビジネスマンも多いです。中には、昼寝を奨励している企業もあります。

 

2.法令・税制度の複雑性

 

また、ベトナムは日本とは異なる法令・税制度があるため、ベトナム進出を検討する企業は法令・税制度を理解しておく必要があります。

 

ただしベトナムは日本と異なり、政府の権力が強い社会主義国家です。合法な政党は共産党のみの一党独裁制なため、政府の政策方針が急に変わり法令・税制度が変更される可能性がある点には注意が必要です。

 

3.インフラストラクチャーの未整備

 

ベトナムは、日本と比べると交通網などのインフラストラクチャーが整っていない国です。

 

ベトナム国内における主な輸送の手段は鉄道やトラックなどですが、鉄道は老朽化が進んでおり本数が少なく、トラックは交通渋滞で頻繁に遅延します。製造や物流関係など、ベトナム国内での輸送が事業に大きく関わってくる場合は、あらかじめ入念な調査が必要です。

また、インフラ整備は地方と都市部で大きな差があることも特徴です。ハノイやホーチミンなどの中心地は積極的な開発が行われ、地域によっては先進国にも引けを取らないインフラが整備されつつある一方、地方では舗装路すらないエリアも少なくありません。

 

ベトナム進出の手続き

 

続いては、ベトナム進出をする際の手続きについて紹介します。

1.ビザの取得

 

ベトナム進出する際、または調査で15日以上の長期滞在をするには、ビザを取得する必要があります。ビザには複数種類があり、観光ビザや就労ビザなど目的に応じたビザの取得が必要です。

またベトナムで働く際は、ビザ以外にも労働許可証の取得が必要です。特にベトナムで3か月以上働く場合は、就労ビザの他に労働許可証を取得しなければなりません。

 

2.会社設立の手続き

 

ベトナムでビジネスを行うためには、現地法人の設立が必要となります。現地法人では、日本の本社と独立させて、現地に子会社を設立させる形式が一般的です。

ベトナムの現地法人は、「有限会社」と「株式会社」に分かれていますが、ベトナムでは有限会社の設立が一般的です。

また会社設立には、日本国内での設立と同様、出資額や社名の決定、登記手続きなどが必要です。

 

3.人材の採用・育成

 

ベトナム進出する際に、現地で人的資源を確保する場合は、採用・育成が必要です。

 

ベトナムは日本と関わりが深いため、日本語を流ちょうに話せたり、日本への留学経験や日本企業での就労経験を持つベトナム人は比較的多く存在します。

ベトナムでの人材確保の第一歩としては、日本人社員とベトナム人社員を橋渡しできる日本語の堪能なベトナム人を採用すると、その後の動きがスムーズになるでしょう

 

ただし、前述のとおりベトナムではベトナム語が主流であり、長期的にはベトナム語を話せる日本人社員を増やすための育成が重要です。また、有能な現地人材を採用するために、ベトナム語の採用サイトやSNSでの人材募集も検討する必要があるでしょう

 

4.税務申告・会計処理

 

もちろん、ベトナムでも日本同様に税務申告・会計処理が必要です。

 

繰り返しになりますが、ベトナムでは、日本とは異なる税制度を持っています。そのため、現地で税務申告・会計処理に詳しい税理士や会計事務所に相談する必要があります。

現地の税理士や会計事務所には日系企業を主な顧客とし、日本語に対応したサービスを提供している事務所も多いため、予め探しておくと良いでしょう。

 

ベトナム語でのサイト制作は必須

 

 

日本企業がベトナム進出する際の準備として、極めて重要なのがベトナム語のウェブサイト制作です。

WEBサイトとは、いわばインターネットに掲げる企業の看板であり、オンライン化が進む現代では欠かせないマーケティングツールの一つでもあります。

 

ベトナム国内のカスタマー獲得、現地人材の採用、もしくはベトナム企業の信頼を勝ち取る「実績」を示すうえでも、ベトナム語に翻訳されたWEBサイトは欠かせません

 

ただしWEBサイトの多言語化は難しく、特にベトナム語は複雑なため、機械翻訳するとネイティブ視点からは不自然な内容になりがちです。さらに、プロの翻訳家に依頼したとしても、WEBサイトのデザイン性やマーケティング効果にまで配慮することは難しいでしょう。

そのため、多言語サイトの制作には翻訳・サイト制作に関する専門的な知識の両方が求められるのです。

 

ベトナム進出を有利に進めるサイト制作はPJ-T&C合同会社の多言語制作で

 

 

多言語サイト制作を専門とするPJ-T&C合同会社は、ベトナム語の正確な翻訳を行い、それをWEBサイトに最適な形で反映いたします。

必ずネイティブが翻訳を行うことで、文化的背景への配慮も行き届いた自然で読みやすい文章を作成。仕上がった文章を、海外サイトに精通したプロの開発者がサイトに反映いたします。

 

まだ自社サイトを作成していない場合は、ドメインとサーバーの準備やサイトで使用する写真・動画の準備まで総合的にサポートも可能。

他にも、進出前の現地調査や、サイトローンチ後の継続的なコンテンツ作成(記事・動画)など、長期的なエンゲージメント獲得を目指す運用も同時にお任せいただけます。

 

ベトナム進出を有利に進める多言語サイトの制作は、PJ-T&C合同会社にご相談ください。

 

多言語ウェブ制作

 

ベトナム進出のメリットと手続き – まとめ

 

ベトナムはGDP成長率が高く、平均年齢も約30歳と若く急激な経済成長を続けています。また人件費を安く確保でき物価も安いため、企業にとってはコストが抑えられる点も魅力と言えるでしょう。

一方で、ベトナム語への対応や日本とは異なる税制への対応など、専門的な知識が求められる分野もあります。こうした分野については、日本企業を専門的にサポートしてくれる会社に依頼するのが現実的だと言えるでしょう。

 

現在の進出先トレンドとして注目を集めるベトナム進出の第一歩として、ベトナム語のサイト制作から始めてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 自動翻訳でOK?サイト翻訳の注意点を英語など5言語について解説
  2. 越境ECサイトの始め方|事前準備とサイト制作の方法を詳細解説
  3. ベトナム進出のメリットとリスクの画像 ベトナム進出している日本企業の動向を紹介|メリットやリスクについ…
  4. 多言語ウェブサイトの画像 多言語ウェブサイトとは?|5つの種類と制作のコツをご紹介
  5. 多言語サイトの作り方|WordPressでの制作方法や注意点・参…
  6. 多言語ウェブサイトの画像 成果に直結するホームページ翻訳とは|自社対応・発注企業を選ぶ方法…
  7. 多言語サイトの作り方|信頼できる制作会社を見極めて海外進出を成功…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/pjla/pj-tc.com/public_html/wp-content/themes/law_tcd031/comments.php on line 156

CAPTCHA


人気記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
  3. Pro Audio JAPANウェブサイト

最新記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
PAGE TOP