Contact form7|reCAPTCHA v3 でスパムを排除する方法

度な知識を持っていなくても、WordPressのプラグイン『Contact form7』を使用すれば、サイトに問い合わせフォームを設置することができます。

しかし、問い合わせフォームを設置すると同時に、スパムメッセージの対策をしておく必要もあります。

 

そこでこの記事では、Contact form7で作成したフォームにスパムメッセージが来ないようにする方法を、ChatGPTが生成した回答を基に解説していきます。

 

記事管理者からのお願い:

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。また、使用されている画像の一部はDreamStudioが生成しています。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。コメント欄から送信してください。

 

WordPressの人気プラグイン『Contact form7』とは?

 

WordPressのプラグイン『Contact Form7』

WordPressのプラグイン『Contact Form7』

 

プラグインのダウンロードページはこちらです。

https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/

 

WordPress の Contact Form 7 は、Webサイト上に簡単に連絡フォームを作成・管理できる人気のあるプラグインです。簡単なフォーム作成インターフェイスを備え、フィールドの追加・削除、メールの通知の設定、スパム対策など様々なカスタマイズオプションを提供します。また、テキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタン、ファイルアップロードなど様々なフォーム要素にも対応しています。このプラグインは無料でオープンソースであり、WordPress コミュニティによって積極的にメンテナンスされています。

 

Contact form7で作成した問い合わせフォームにスパムメッセージが来ないようにする方法

 

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

 

Contact Form 7 のプラグインには、スパムメッセージを防ぐための様々な機能があります。

  1. Akismet スパムフィルタリング:
    Contact Form 7は、Akismetと連携することで、フォームからの送信を自動的にスパムと判断します。
  2. CAPTCHA :
    Contact Form 7では、reCAPTCHAを使用して、自動化された送信を防ぐことができます。
  3. Honeypot セキュリティ :
    Contact Form 7は、フォームに隠しフィールドを追加することで、スパマーが自動的に入力しないようにすることができます。
  4. 送信制限 :
    Contact Form 7では、送信制限を設定することで、特定の期間内に送信できる回数を制限することができます。
  5. その他のスパム対策プラグイン :
    Contact Form 7には、スパム対策のために、他にも様々なプラグインがあります。

上記の方法を複数使用することで、スパムメッセージを最小限に抑えることができます。

 

Contact form7で作成した問い合わせフォームにreCAPTCHAを設定する方法

 

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

 

Google reCAPTCHAとは?

 

Google reCAPTCHAは、Googleが提供する、Webアプリケーションやサイトをスパムから保護するための認証プログラムです。reCAPTCHAは、人間とロボットを識別するために画像認証を使用します。

reCAPTCHAは、画像中に隠れた文字を入力することで、人間としての身元を確認します。これにより、自動化されたプログラム(スパマーボット)による送信を防止することができます。

reCAPTCHAは、Googleが提供するAPIを使用することで、簡単にWebアプリケーションやサイトに統合することができます。 また、reCAPTCHA v3では、人間に対しての認証を要求することなく、背景でスコア付けを行うことができます。

 

Contact form7でGoogle reCAPTCHAを設定する方法

 

Contact Form 7では、Google reCAPTCHAを使用して、CAPTCHAを設定することができます。

  1. reCAPTCHAのAPIキーを取得します。:
    Google reCAPTCHAのサイトにアクセスし、サイトのドメインに対してAPIキーを取得します。
  2. Contact Form 7の設定画面で、reCAPTCHAのAPIキーを設定します。 :
    Contact Form 7の設定画面から「インテグレーション」にアクセスし、「reCAPTCHA」タブを開き、取得したAPIキーを入力します。
  3. Contact Form 7のフォームを保存し、テストします。:
    変更を保存し、サイト上でフォームをテストし、CAPTCHAが正しく機能していることを確認します。

 

進化したGoogle reCAPTCHA v3とは?

 

reCAPTCHA v3は、人間とスパマーボットを識別するために、サイトの背景でスコアリングを行います。これにより、人間に対しての認証を要求することなく、自動化されたプログラム(スパマーボット)からのアクセスを検出します。

reCAPTCHA v3は、ユーザーがサイトにアクセスした際に、複数の要素を評価し、それらのスコアからスパマーボットか人間かを判断します。これには、次のような要素が含まれます。

  • IPアドレス
  • ブラウザの設定
  • キーストロークダイナミクス
  • カーソルの移動
  • JavaScript の使用

reCAPTCHA v3は、スコアを返します。このスコアは、0から1までの値で、1に近いほど人間と判断され、0に近いほどスパマーボットと判断されます。このスコアは、サイトオーナーが設定したしきい値に対して比較され、しきい値を超えた場合、アクセスを許可し、しきい値を下回った場合、アクセスを拒否することができます。

 

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。

関連記事

  1. ランサムウェアとは?暗号化技術を利用したサイバー攻撃を解説
  2. Contact form7|送信制限でスパムを排除する方法
  3. ChatGPT、脅威も生成?|日経電子版の記事を参照
  4. WordPressのデバッグログとは?何を出力できる?
  5. YubiKeyとはの画像 YubiKey(ユビキー)とは?次世代パスワードレス認証をワンタ…
  6. ハードウェアセキュリティモジュールとは?自社に導入するべき?
  7. Yubikey Bioの画像 次世代の指紋認証セキュリティ「YubiKey Bio」レビューと…
  8. YubiKey 5C NFCの画像 組織のための【YubiKey 5】購入ガイド|YubiKey導入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/pjla/pj-tc.com/public_html/wp-content/themes/law_tcd031/comments.php on line 156

CAPTCHA


人気記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
  3. Pro Audio JAPANウェブサイト

最新記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
PAGE TOP