Contact form7|reCAPTCHA v3 でスパムを排除する方法

記事管理者からのお願い:

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。また、使用されている画像の一部はDreamStudioが生成しています。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。コメント欄から送信してください。

 

WordPressの人気プラグイン『Contact form7』とは?

 

WordPressのプラグイン『Contact Form7』

WordPressのプラグイン『Contact Form7』

 

プラグインのダウンロードページはこちらです。

Contact Form 7

 

WordPress の Contact Form 7 は、Webサイト上に簡単に連絡フォームを作成・管理できる人気のあるプラグインです。簡単なフォーム作成インターフェイスを備え、フィールドの追加・削除、メールの通知の設定、スパム対策など様々なカスタマイズオプションを提供します。また、テキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタン、ファイルアップロードなど様々なフォーム要素にも対応しています。このプラグインは無料でオープンソースであり、WordPress コミュニティによって積極的にメンテナンスされています。

 

Contact form7で作成した問い合わせフォームにスパムメッセージが来ないようにする方法

 

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

 

Contact Form 7 のプラグインには、スパムメッセージを防ぐための様々な機能があります。

  1. Akismet スパムフィルタリング:
    Contact Form 7は、Akismetと連携することで、フォームからの送信を自動的にスパムと判断します。
  2. CAPTCHA :
    Contact Form 7では、reCAPTCHAを使用して、自動化された送信を防ぐことができます。
  3. Honeypot セキュリティ :
    Contact Form 7は、フォームに隠しフィールドを追加することで、スパマーが自動的に入力しないようにすることができます。
  4. 送信制限 :
    Contact Form 7では、送信制限を設定することで、特定の期間内に送信できる回数を制限することができます。
  5. その他のスパム対策プラグイン :
    Contact Form 7には、スパム対策のために、他にも様々なプラグインがあります。

上記の方法を複数使用することで、スパムメッセージを最小限に抑えることができます。

 

Contact form7で作成した問い合わせフォームにreCAPTCHを設定する方法

 

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

DreamStudioが生成した『A beautiful woman hacker』の画像

 

Google reCAPTCHとは?

 

Google reCAPTCHAは、Googleが提供する、Webアプリケーションやサイトをスパムから保護するための認証プログラムです。reCAPTCHAは、人間とロボットを識別するために画像認証を使用します。

reCAPTCHAは、画像中に隠れた文字を入力することで、人間としての身元を確認します。これにより、自動化されたプログラム(スパマーボット)による送信を防止することができます。

reCAPTCHAは、Googleが提供するAPIを使用することで、簡単にWebアプリケーションやサイトに統合することができます。 また、reCAPTCHA v3では、人間に対しての認証を要求することなく、背景でスコア付けを行うことができます。

 

Contact form7でGoogle reCAPTCHAを設定する方法

 

Contact Form 7では、Google reCAPTCHAを使用して、CAPTCHAを設定することができます。

  1. reCAPTCHAのAPIキーを取得します。:
    Google reCAPTCHAのサイトにアクセスし、サイトのドメインに対してAPIキーを取得します。
  2. Contact Form 7の設定画面で、reCAPTCHAのAPIキーを設定します。 :
    Contact Form 7の設定画面から「インテグレーション」にアクセスし、「reCAPTCHA」タブを開き、取得したAPIキーを入力します。
  3. Contact Form 7のフォームを保存し、テストします。:
    変更を保存し、サイト上でフォームをテストし、CAPTCHAが正しく機能していることを確認します。

 

進化したGoogle reCAPTCHA v3とは?

 

reCAPTCHA v3は、人間とスパマーボットを識別するために、サイトの背景でスコアリングを行います。これにより、人間に対しての認証を要求することなく、自動化されたプログラム(スパマーボット)からのアクセスを検出します。

reCAPTCHA v3は、ユーザーがサイトにアクセスした際に、複数の要素を評価し、それらのスコアからスパマーボットか人間かを判断します。これには、次のような要素が含まれます。

  • IPアドレス
  • ブラウザの設定
  • キーストロークダイナミクス
  • カーソルの移動
  • JavaScript の使用

reCAPTCHA v3は、スコアを返します。このスコアは、0から1までの値で、1に近いほど人間と判断され、0に近いほどスパマーボットと判断されます。このスコアは、サイトオーナーが設定したしきい値に対して比較され、しきい値を超えた場合、アクセスを許可し、しきい値を下回った場合、アクセスを拒否することができます。

 

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。

関連記事

  1. WordPressのデバッグログとは?何を出力できる?
  2. Contact form7|送信制限でスパムを排除する方法
  3. DreamStudioが生成した『Cyber security』の画像 企業が気をつけるべき5種類の情報セキュリティインシデント
  4. YubiKey 5C NFC YubiKey 5C NFCの使い方実演|鉄壁セキュリティキーY…
  5. ハードウェアセキュリティモジュールとは?自社に導入するべき?
  6. 仮想通貨とHSMの画像 仮想通貨のセキュリティリスクとは?資産の7割は「HSM」で厳重保…
  7. ランサムウェアとは?暗号化技術を利用したサイバー攻撃を解説
  8. ハードウェアウォレットとは?使い方や注意点のまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. MicrosoftとAzure ADを表す画像
  2. Yubikey Bioの画像
  3. カードキー型の仮想通貨ウォレットAT.Wallet(エーティーウォレット)
  4. DreamStudioが生成した『Cyber security』の画像
  5. WordPressとYubiKeyの画像
  6. テレワークで起こるセキュリティ事故への対策
  7. 仮想通貨投資家とハードウェアウォレット

最新記事

  1. DreamStudioが生成した『Cyber security』の画像
PAGE TOP