WordPressのセキュリティ強化|隠すべき4つのmeta要素とは

界中に存在するウェブサイトの40%以上で使用されているCMSであるWordPress。その脆弱性やセキュリティを高めるための対策について、一連の記事で解説しました。

 

 

今回の記事では、WordPressで作成したサイトが攻撃されないために、隠すべき4つのmeta要素について、ChatGPTが生成した回答を基に解説していきます。

 

記事管理者からのお願い:

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。また、使用されている画像の一部はDreamStudioが生成しています。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。最下部のコメント欄から送信してください。

 

投稿者名を非表示にする方法

 

Dream Studioが生成した『hacker』の画像

 

WordPressの投稿者名を非表示にする方法は次のとおりです。

 

  1. WordPressのテーマのfunctions.phpファイルを開きます。
  2. 次のコードを追加します:
function wpb_author_info_box($content) {
global $post;
if (is_single() && isset($post->post_author)) {
$display_name = get_the_author_meta('display_name', $post->post_author);
$user_description = get_the_author_meta('user_description', $post->post_author);
$user_website = get_the_author_meta('url', $post->post_author);
$user_posts = get_author_posts_url(get_the_author_meta('ID', $post->post_author));
if (!empty($display_name)) {
$author_details = '<p class="author_name">About ' . $display_name . '</p>';
if (!empty($user_description)) {
$author_details .= '<p class="author_details">' . $user_description . '</p>';
}
if (!empty($user_website)) {
$author_details .= '<p class="author_details"><a href="' . $user_website . '">' . $user_website . '</a></p>';
}
if (!empty($user_posts)) {
$author_details .= '<p class="author_details"><a href="' . $user_posts . '">View all posts by ' . $display_name . '</a></p>';
}
}
$content = $content . $author_details;
}
return $content;
}
add_action('the_content', 'wpb_author_info_box');

 

  1. ファイルを保存して閉じます。

 

これにより、全ての個別の投稿において投稿者名が非表示になります。

 

WordPressでデバッグを有効にする方法

 

Dream Studioが生成した『hacker』の画像

Dream Studioが生成した『hacker』の画像

 

WordPressでデバッグを有効にするには、wp-config.phpファイルを編集します。

 

  1. FTPでWordPressのルートディレクトリにアクセスします。
  2. wp-config.phpファイルを開きます。
  3. 以下のコードを追加します。
define( 'WP_DEBUG', true );
define( 'WP_DEBUG_LOG', true );
define( 'WP_DEBUG_DISPLAY', false );

 

  1. wp-config.phpファイルを保存し、FTPでアップロードします。

 

これにより、WordPressのデバッグモードが有効になり、ログが記録されるようになります。 ログは、wp-content/debug.logに保存されます。 また、「define( ‘WP_DEBUG_DISPLAY’, false );」により、デバッグ情報がブラウザに表示されないようになります。

注意:本番環境ではデバッグを無効にしておくことが望ましい。

 

WordPressで有効なデバッグログ一覧

 

 

  • WP_DEBUG_LOG:
    WordPressのエラーや警告を、wp-content/debug.logに保存するかどうかを設定します。これにより、ブラウザ上には表示されないが、WordPressのエラーや警告をファイルに保存することができます。
  • WP_DEBUG_DISPLAY:
    WordPressのエラーや警告をブラウザに表示するかどうかを設定します。これにより、ブラウザ上にWordPressのエラーや警告を表示するかどうかを選択することができます。
  • SCRIPT_DEBUG:
    WordPressのスクリプトやスタイルシートを、開発版(non-minified)かどうかを設定します。これにより、スクリプトやスタイルシートのエラーを特定することができます。
  • SAVEQUERIES:
    WordPressが実行したすべてのクエリを配列として保存するかどうかを設定します。これにより、データベースのクエリのパフォーマンスを分析することができます。

 

上記のような設定を使用することで、WordPressのデバッグログを更に詳細に設定し、トラブルシューティングを行うことができます。

 

※この記事はOpenAIのChatGPTを使用して書かれました。皆様からの内容の修正やコメントを歓迎します。

関連記事

  1. カードキー型の仮想通貨ウォレットAT.Wallet(エーティーウォレット) カードキー型の仮想通貨ウォレット『AT.Wallet(エーティー…
  2. Contact form7|送信制限でスパムを排除する方法
  3. ChatGPTはコードを書けるのか?|レスポンシブな表を作成して…
  4. YubiHSM2 【YubiHSM2】ナノサイズの次世代HSMが起こすセキュリティ…
  5. YubiKeyとFIDOの画像 YubiKey・ATKeyなど、各国のFIDO認証対応製品を比較…
  6. WordPressとYubiKeyの画像 【超簡単】WordPress管理画面へのログインセキュリティにY…
  7. 仮想通貨とHSMの画像 仮想通貨のセキュリティリスクとは?資産の7割は「HSM」で厳重保…
  8. Yubikey Bioの画像 次世代の指紋認証セキュリティ「YubiKey Bio」レビューと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/pjla/pj-tc.com/public_html/wp-content/themes/law_tcd031/comments.php on line 156

CAPTCHA


人気記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
  3. Pro Audio JAPANウェブサイト

最新記事

  1. NFTゲームのウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットについて解説した記事の画像
  2. ベトナム進出のメリットとリスクの画像
PAGE TOP