お問い合わせ

お問い合わせ

制作会社へのオーダーにはコツがあります

自分の持っているイメージを人に伝えるのは簡単なことではありません。
また、ウェブサイトや動画制作にあたっては、スタート時点では漠然としたイメージしか湧いていないことが多くあります。
それを制作会社に伝えて、自分の持つイメージを具現化しつつ、期待した効果を得るまでには長い道のりがあります。
クライアント側と制作会社側の両方でディレクションを行ってきた弊社代表藤本が、制作会社に依頼する際のコツをお教えします。

先ずゴールを明確にする

ウェブサイト、動画、メディア。何を作るにしても目的があるはずです。「誰に見てもらいたいのか」「見た人にどうして欲しいのか」。制作はゴール設定から始めましょう。

イメージを統一する

ウェブサイト、ブログサイト、SNS、動画、それぞれのイメージをバラバラに作ってしまう人が多くいます。ウェブサイトを中心にイメージを統一し、ユーザーをアクションに導く道を作りましょう。

ゴールはユーザーのアクション

ウェブサイトリリースはゴールではなくスタートです。コツコツとコンテンツを増やし、ブログを書き、SNSを更新して、ユーザーの関心を高めていかなければいけません。

ゴールとイメージをお聞きします

先ず私たちに、ゴールとイメージをぶつけてみてください。まだ漠然としていても構いません。一人で考えていてもなかなかイメージを明確にできないかもしれませんが、私たちが投げかける質問に答えることで纏まっていくこともあります。「どんな人たちに見てもらいたいですか?」「これまでのお客様は貴社のどの部分に魅力を感じて購入していたのでしょうか?」等々。じっくりお話合いすることでお客様の消費行動を分析し、それに最も相応しいUX(お客様の経験をデザインすること)をデザインしていきましょう。



→問い合わせフォームで相談を始める

FAXでのお問い合わせ

なぜFAX?と思われるかも知れません。実は、私もそうなのですが、頭の中でイメージしていることは手書きの方がアウトプットしやすかったりします。「自分もそのタイプ」という方は、FAX申し込み専用のシートを用意しておりますので、プリントアウトして記入し、FAXでお送りください。どんなことを書いていただいても構いません。「こんな感じでやりたい」とか「こんなイメージで」とメモ書き程度のイラストを入れていただいても結構です。自由にお使いください。



→FAXフォームはこちらから

PAGE TOP