YubiHSM国内正規代理店

YubiHSM国内正規代理店

政府グレードの暗号化を極少コストで実現
次世代HSMツール【YubiHSM 2】が起こすセキュリティ革命

「設備投資が高額」「サイズが大きく場所を取る」「構造が複雑で利用が難しい」
こういった理由から、これまで金融機関や大企業以外での導入は現実的でなかったHSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール)。
しかしサイバー攻撃が高度化し続ける現代で機密情報を守るには、HSMによるハイレベルな暗号化が必須になりつつあります。
【YubiHSM 2】は従来型HSMの問題を解決し、中小企業・研究室・個人といった小規模な単位で暗号化によるデータ保護を実現する次世代のセキュリティツールです。

従来型HSMと比べて最大90%の低コスト化を実現

従来のHSMは設備投資が非常に高額で、ラックマウント型であれば数千万~数百万、小型であっても50万円程度が相場です。その点YubiHSM 2本体の費用は8万円強と圧倒的に低価格で、HSM環境構築にかかる初期費用を大幅に削減することができます。
これだけ低価格でHSMを販売できる理由は、搭載する機能を洗練しているため。従来のラックマウント型・カードベースHSMの膨大なトランザクション処理数や多様な暗号化は、中小企業や個人にとっては明らかにオーバースペックです。YubiHSM 2はこういった無駄を極限まで減らし、必要最低限の暗号化機能に絞った「ナノフォームファクタ」形式で提供することで生産コストを合理化しています。
また、YubiHSM 2は使用電力量が従来型HSMに比べて桁違いに少なく、実装後に発生する長期的なエネルギーコストの最小化が可能です。

世界最小ナノフォームファクタが柔軟なセキュリティ環境をデザイン

YubiHSM 2は「12mm x 13mm x 3.1mm」のUSB-A形式で、限られたスペース向けに設計された世界最小クラスのナノフォームファクタです。この設計が様々なデバイス・サーバでの柔軟なHSM環境構築を可能にし、「必要な部分に必要なだけ」HSM環境を導入できるため費用対効果を最適化します。
具体的には社用ノートPCに挿入して暗号処理を実行できるほか、サーバの内部USBポートに挿入する場合もセキュリティ用の筐体を邪魔しません。オープンソースSDKで素早く導入・手間なく管理でき、Linux・Windows・macOSといった多様なプラットフォームに対応。マイクロソフトActive Directoryの証明書サービスも保護できます。
携帯性が非常に高いうえ、セキュリティ管理者は複数のYubiHSM2をリモートで一括管理できるのでテレワークにも最適です。自宅・カフェなど場所を選ばず、従業員のデバイスにハイレベルな暗号化機能を提供します。

米国政府グレード(FIPS140-2 Level 3)のセキュリティ強度

YubiHSM 2はGoogle・Microsoft等から高い信頼を得る「YubiKey」シリーズを開発したYubico社が製造しており、セキュリティ強度に一切妥協はありません。
「ハッシュ化」「鍵ラッピング」「非対称(RSA)」「楕円曲線暗号(ECC)」「乱数生成」といった暗号機能を搭載し、監査ログも使用可能。優れた秘密鍵の保護・管理ソリューションを提供します。物理的な攻撃に対する保護も備えており、挿入したYubiHSM2を強引に外そうとした場合はデータごと破壊される仕様です。
また、YubiHSM 2はNIST(米国立標準技術研究所)によって策定された情報処理標準規格「FIPS 140-2」のLevel 3認証取得済のタイプも選べます(FIPS認証取得済・未取得どちらも搭載する機能は同じです)。FIPS認証の取得は、米国の政府機関で使用する暗号化ツールに求められる条件の一つ。YubiHSM 2は、米国政府での使用基準にも適合する極めてハイレベルなHSMツールなのです。

YubiHSM 2は現在・未来のユースケースで万全のセキュリティ体制を構築

こういった柔軟かつ強固なセキュリティ機能により、YubiHSM 2はこれまでHSMの導入が難しかったケースへのHSM導入を可能にします。

◆個人投資家の仮想通貨を保護するコールドウォレットに
仮想通貨市場の拡大と共に大きくなるサイバー攻撃のリスクから確実にアセットを保護するには、オンラインから完全に切り離された「コールドウォレット」の利用が安全です。
YubiHSM 2はサーバから秘密鍵を物理的に分離することで、極めて安全性の高い環境でウォレットを保護・管理。鉄壁のコールドウォレットを個人投資家に提供します。

◆テレワーク従業員の個別デバイスで暗号処理
プログラマーや開発者といった重要性の高い情報を扱う従業員にYubiHSM 2を所持させることで、個人デバイス単位で高度な暗号化を実装可能に。
また、データセンターへの導入によってクラウド環境に強固なセキュリティを実装し、データを保護します。
YubiHSM 2で個人デバイス・クラウド両方の側面からデータを保護すれば、脆弱性が生まれやすいテレワーク環境でも盤石なセキュリティ体制を構築できるのです。

◆教育機関・研究機関の研究室単位でセキュリティを強化
公表されていない研究結果や学生の個人情報といった秘匿性の高いデータを扱う教育機関や研究機関でも、強固なセキュリティは必要不可欠。
しかし一般的な企業と異なり自主性を重んじるため、トップダウン式のセキュリティ導入が難しいという事情があります。
YubiHSM 2なら、研究者各自がHSMを所持して研究室単位で管理できるため、自主性を阻害しない柔軟なセキュリティ環境を構築可能です。

リスクに晒される重要データに【YubiHSM 2】で最先端の暗号化保護を

YubiHSM 2は暗号鍵をハッカーの手が届かないところに保管することで、高度化を続けるサイバー犯罪から重要データを守り続けるソリューションです。YubiHSM 2を実装して、不正アクセスや悪意ある内部者による情報漏洩など、いつ起きるかわからないインシデントへの不安から解放されましょう。
YubiHSM国内正規代理店であるPJ-T&C合同会社では、YubiHSM 2を業界最安値の【¥82,730】で取り扱っております。さらに、教育機関・研究機関でご利用の場合は「アカデミック割引」が適用。通常価格よりお安くお求めいただけます。
また、HSMの性能を100%発揮させるには、最適な環境構築が極めて重要。そこで当社では企業様・個人様の利用環境に合わせた設計や、オープンソースSDKの実装などをサポートする「導入サポート付き」でのご注文も受け付けております。HSMに詳しい人材がいない等、導入にあたって不安がある場合はお気軽にご相談ください。




PAGE TOP